調達ビジネススクール

株式会社福原イノベーション研究所

【出張講座08】調達コスト分析

調達コスト分析

講座概要

 「この価格が本当に妥当なのか、分からない。購入品の最安値が分からない。」
 価格の妥当性を判断するためには、対象品目の価格の基準を持つことが必要です。 コストの構造化や原単位、コストドライバー(コスト要因)、価格基準の作成方法を 知ることで、コスト分析力は強化できます。
 本講座では、先進企業の事例を紹介し、今現場で起こっているコスト分析の問題と課題、 その解決策について学んで頂きます。コスト分析の新たな切口の発見に役立ちます。 見積書査定業務のご担当者、コストテーブル・コストシミュレータの開発者、 ネゴ交渉以外のコスト低減に取り組みたい方、これから購買業務に取り組まれる方にお薦めの講座です。

プログラム

1.はじめに
 (1)調達コスト分析の肝
2.調達コスト分析とは
 (1)調達コスト分析の定義
 (2)調達コスト分析の必要性
3.コスト分析の現状の問題点
4.コスト分析のあるべき姿
5.コスト分析の進め方
 (1)コスト分析の目的
 (2)コスト分類の種類
 (3)コスト分析方法
6.コスト(購入価格)決定のステップ
7.見積価格査定
8.あるべきコスト(購入価格)算出方法
9.先進企業におけるコスト(購入価格)分析事例
 (1)コストシミュレータ
 (2)コストデザインシステム
 (3)コストテーブル
10.コスト分析演習(グループワーク)
11.『調達何でも相談~即解決、即実行~』
 ※調達業務に関する疑問・質問に講師がお答えいたします。
12.まとめ

講義時間

 6時間

講師

 福原 政則(株式会社福原イノベーション研究所代表取締役社長兼CEO)

会場

 貴社または貴社ご指定会場で開催いたします。

受講対象者

 調達部門および調達業務システム開発のご担当者から管理者の方にお薦めです。

受講料

 1名:40,000円(税抜)

オンライン研修

 本研修は、オンライン研修サービスをご利用できます。 ※詳細はこちら
 オンライン研修の場合、講義時間・受講料は下記の通りです。
 (1)講義時間:3時間(グループワークは実施いたしません。)
 (2)受講料:1名 20,000円(税別)

お問い合わせ・お申込み

 お問い合わせ・お申し込みは、お問い合わせフォームからお願いいたします。


お申込みから講座開催までの流れ
(1)お問い合わせ:お問合せフォームより講座テーマ、人数、日時、場所などご検討内容をご連絡ください。
(2)ご要望の確認:お問合せ内容、カスタマイズの確認をさせていただきます。
(3)ご提案・御見積:ご要望に基づき、研修プログラムと御見積書をお送りいたします。
(4)ご発注:発注書をメールにてお送りいただきます。
(5)講座開催:
   1)研修準備手順書をお送りいたします。
   2)講座開催日の1週間前にテキストを納品いたします。
   3)貴社もしくは貴社ご指定の会場にて講座を開催いたします。
(6)ご請求:講座開催後、御請求書をお送りいたします。
   ※お振込み期限は講座終了日の翌月末日です。

講座パンフレット

講座パンフレットのダウンロードはこちら

注意事項

※教材はデータで納品いたします。
※教材印刷をご希望の方は、1部1,000円(税抜)で承ります。
(分割配送、複数拠点への配送は、別途送料が発生いたします。)
※開催会場は、貴社内会場または貴社ご指定の外部研修会場となります。貴社にて会場の手配をお願いいたします。
※講師との事前打合せを要する講座カスタマイズにつきましては、カスタマイズ料を別途ご請求させて頂きます。
※既定の講義時間を超える場合は、カスタマイズ料(テキスト追加費用・講義延長料ほか)を別途ご請求させて頂きます。
※講師の出張費(交通費・宿泊費ほか)は別途ご請求させて頂きます。
※自然災害等やむを得ない事情により、当日開催中止になる場合があります。この場合、別途開催日変更のご相談をさせて頂きます。 中止または受講振替に伴う交通費や宿泊費、その他個人的損害について、弊社では責任を負いかねます。予めご了承ください。
※ご発注後のキャンセルにつきましては、研修準備費用等の実費相当額を申し受けます。
※弊社は環境負荷低減のためペーパーレス化を推進しております。見積書、提案書、請求書ほか弊社からお送りする書面・資料はすべて電子化を実施しておりますので、ご協力の程 何卒よろしくお願いいたします。

会社概要

株式会社福原イノベーション研究所
〒108-6028
東京都港区港南2-15-1
品川インターシティA棟28階
E-mail:info@fukuharaii.com
受付:9:00〜17:00