調達ビジネススクール




出張講座カリキュラム

講座名

「原価」をトコトン考える!

コストテーブル そして、コストダウン


講座概要

 「原価」について真剣に考えたことがありますか?
職場の仲間と「原価」について議論をしたことがありますか?
経理から教えられた原価を鵜呑みにしていませんか?
コストテーブルはありますか?間違ったコストテーブルを作っていませんか?
加工品(社内、外注)だけを査定していませんか?
たくさんの外部購入部品がブラックボックス化していませんか?
 本講座では、原価について今一度理解を深め、実際にコストテーブルを作り、そこからコストダウンをどう進めるか、 またコストテーブルの間違い探し、そして購入部品のコストテーブル作りへのチャレンジなどの演習を通して、 「攻める原価」意識を身に付けて頂くことを目指します。

講座詳細

 
開催時間目安 10:00~17:00
受講対象者 調達やVE、原価企画、開発購買、開発設計者、生産技術者およびその関連部門の管理職および担当者の方におすすめです。
前提知識 特にありません。
プログラム 1.原価の構造
2.売上高と利益
  (1)利益の変化を読む
  (2)損益分岐点/限界利益
  (3)財務会計/管理会計 (全部原価計算/直接原価計算)
3.原価の管理
  (1)原価維持管理とコストダウン
  (2)コスト査定、評価法
4.コストテーブル 、そして コストダウン
  (1)コストテーブルの作り方
  (2)コストダウンへの展開
5.課題演習(グループワーク)
  (1)コストテーブル作成演習
  (2)購入部品のコストテーブルに挑戦
6.『調達何でも相談』
7.まとめ  
事前課題  なし
当日持ち物  筆記用具
習得知識  ・一般的な原価管理(回収のための原価管理)の問題点の理解
 ・直接(変動)原価の大きな部分の外部調達費の原価管理の重要性を再認識できる。
 ・コストテーブルの作り方、使い方(コストダウン展開)
 ・ブラックボックス化しがちな外部購入部品のコストテーブル作りのヒントが得られる。
受講者の声  ※新開設カリキュラムとなります。
講師  坂本 幸一(KS バリュー・コンサルティング 代表)
【略歴】 1969年名古屋工業大学機械工学科卒、産業車両メーカ TCM(株)に入社。品質保証、技術サービス、資材調達、 VE推進の各部門を経て、2003年取締役資材部長。 2010年TCMを退社後、日立建機(株)VEC推進専任部長を 経て、2012年3月からKSバリュー・コンサルティングを立ち上げる。 1992年にCVS資格取得後、社内外から多数 の要請を受け2017年3月時点でおよそ70団体に対し、講演・セミナー等の指導実績を持つ。
【資格】 CVS(国際VEコンサルタント)資格取得 (1992年)
【著書】「VEハンドブック」 (共著:日本VE協会)
    「VE協会誌」連載 2編 (Why?& Really?法/アイデア発想)
    「VEの魂」 (共著:日経BP社)
【論文】 VE研究論文入選4編 (VE全国大会・全米VE大会にて発表)
【表彰】 普及功労賞 (2003年日本VE協会)
【講習】 日本VE協会主任講師 (2010年~)
     大阪府工業協会講師 (2013年~)
     KS バリュー・コンサルティング公開セミナー(2014年6月開講)
開催費用目安   
 参加費 43,200円/人(税込)

 ※最少開催人数は10名です。(10名未満での開催を希望される方は別途ご相談下さい。)
 ※教材(テキスト)費は受講料に含まれます。
 ※公開講座特典の昼食は出張講座には含まれません。
 ※参加人数多数の場合、教材一式の配送とその送料が発生する場合がございます。
 ※講師の交通費、宿泊費(遠方の場合)は別途ご請求させて頂きます。
 ※講座カスタマイズにつきましては、カスタマイズ料を別途ご請求させて頂きます。
会場  貴社または貴社ご指定の研修会場
 ※本研修は、3~5名で1グループを構成するグループワークがございます。グループワークの可能な会場をご準備ください。
貴社準備品  会場に下記備品の用意をお願いします。
 (1)ホワイトボード(グループワーク用):受講生3~5名あたり1台を準備ください。
 (2)プロジェクタ(講義用):1台
 (3)スクリーン(プロジェクタ投影用):1台 ※白壁など投影可能な箇所があれば準備不要
 (4)エクセル等表計算ソフトがインストールされているパソコン(演習用):3~5名あたり1台を共有する形で結構です。
注意事項  ・開催中止について
  自然災害等やむを得ない事情により、当日開催中止になる場合があります。
  この場合、別途開催日変更のご相談をさせていただきます。
  中止または受講振替に伴う交通費や宿泊費、その他個人的損害について、弊社では責任を負いかねます。
  予めご了承ください。

資料ダウンロード

講座パンフレットはこちら

開催の流れ

お問合せから講座開催までの流れは、下記の通りです。
申込手続き
1.下記お申込みフォームから出張依頼の申し込みを行ってください。
2.お申込み後、ご要望やカスタマイズの確認をさせていただきます。
3.ご依頼内容に基づき、ご提案書とお見積書をお送りいたします。
4.発注書をメールにてお送りいただきます。※発注書をもって正式申込みとなります。
5.貴社もしくは貴社ご指定の会場にて講座を開催いたします。
6.講座開催後、請求書をお送りいたします。※お振込み期限は講座終了日の翌月末日です。


お問合せ・お申込みフォーム

下記のフォームにてお問い合わせください。 各項目に入力後、確認ボタンを押すとメールが送信されます。

※マークは入力必須です
講座名
お名前※
企業名※
部署
役職
Email※
電話番号※
お問い合わせ項目※  ※下記、講座開催希望場所・希望日時・希望人数をご記入ください。
 ※下記、講座開催希望場所・希望日時・希望人数をご記入ください。
【講座開催希望場所】
(都道府県)
【講座開催希望場所】
(市区町村以下)
【講座開催希望日】
【講座参加希望人数】
研修のご案内 今後、Emailによる研修案内をご希望されますか?
 
お問い合わせ詳細※